乳癌になって1年くらいした時に、読み感銘を受けた詩です」

 乳がんで闘病中の小林麻央(34)が3日夜、ブログを更新し、長男の勸玄くんが夫の市川海老蔵(39)と捕まえてきた蝶を離したところを見て、14年冬に乳がんにかかってから、1年くらいの時期に読み、感銘を受けたというDr.チャールズ・E・コックスの詩「転身ー蝶よりバラへー」を思い出したとつづった。

ポエムや、これこそポエムや!!明日もどうぞヨロシクね。。。またまた麻耶さんが代行ですか……蝶々になって・・・
病気ネタの時はあんなに沢山いた「回復祈り隊」「奇跡願い隊」がポエムネタになると潮が引いたように居なくなる不思議。文章考えて、文字を打ち込む…末期の人には大変な作業だと思うんだけど端から見ると、余裕があるように見える片手間でやってるとしたらそれはもうびっくり人間ですな。
連日、しつこい位に委細に渡って報道する意味は?いや、同情はするけど、流石に食傷気味・・・(´・ω・`)と、いう人が結構多いのでは。14年冬にこの詩を読んでいながら、非標準治療で余命を宣告されるって本当にわけが分からない。この詩にどう感銘を受けたのでしょうか。
はいはい。要するに自分は美しい蝶で最後はバラになるって言いたいのね。他のガン患者さんはこんなナルシシズムに浸ってる場合じゃないかと。相変わらずいいご身分で。