◆テニス4大大会第2戦 全仏オープン ▽準々決勝 錦織圭1―3アンディ・マリー(7日、パリ・ローランギャロス)

◆テニス4大大会第2戦 全仏オープン ▽準々決勝 錦織圭1―3アンディ・マリー(7日、パリ・ローランギャロス) 男子シングルス準々決勝が行われ、第8シードの錦織圭(27)=日清食品=は世界ランク1位のアンディー・マリー(30)=英国=に6―2、1―6、6―7、1―6で敗れた。

修造がこのままじゃグランドスラムは絶対取れないって言い切ったね修造も言ってたけど、やっぱ私生活を安定するしかないんじゃないかと。。。
修造さんも言っていたが、やはりGS制覇にはメンタル面が決定的に欠けている。私生活での女性の支えが大切なのに、今の彼女で大丈夫?周りが反対している意味もいい加減理解したほうがいいのでは。今日のマレーに勝てないとは………完全にプライベートです。やっぱり私生活は絶対!まず占いで行動する観月アコと別れる事・
肩、手首、満身創痍で及んだ全仏途中で棄権するんじゃないかとさえ思えた今大会でベスト8まで行けたのは良かった。プレーを見ていて怪我よりもメンタルに問題なのがハッキリ分かった試合だね。焦りと正確性を欠く、上位選手と対戦する時のいつものパターン!やっぱりアンディはアンディだったと言いたいところですが、今回は圭が勝てる試合を自ら簡単に手放してしまったとしか言いようがない!