「今の自分ができる何かをしたい」と思い、支援に取り組むNPO法人「子どもセンターぬっく」(大阪市)への寄付金集めを行った。

 京都市内の男子高校生が、貧困や虐待に遭う子どもたちの居場所づくりを進める民間団体を支援するため、この夏、1人で募金活動を行った。大学進学後は居場所づくりの支援活動をさらに本格化させたいと決意している。

前川氏も彼を見習ってがんばってくれたらただの出会い系爺で終わらなかったのにね。高校生が1人で立ち上がるって凄い勇気と行動力だと思います!
素晴らしい活動ですね!ただ一人で頑張るのは燃え尽きます。いろんな団体と協働できれば良いですね。大人でもなかなか出来ない事。素晴らしいと思います。
偽善などと非難する人もいますが、がんばってください。自分には、なかなかできません。百歩譲って偽善であっても、非難している人は、何かしていないで、非難しているだけだと思います。良いことを行動することは、しないより評価されるべき。17歳の方でもこんなに素晴らしい事しているのだから、京都”府”も出来ますよね?高い報酬だけもらってる政治家がやらないといけない事なのにね。でも 政治家がやるより 信用出来るから 支援したい。
たった一人で行動始めるてすごい。信念と勇気がありますね。大人もこどもだったのに、大人の責任のためか、たんなる言い訳か、とくに他人の場合、ほんとうのこども目線に立てないことが多いかもしれません。あまり無理はしないで周囲に力を借りながら活動してください。