「自衛隊は軍隊」は国際社会の常識               ***

集団的自衛権の行使容認を経て、憲法9条に自衛隊の存在を認める第3項を加える改憲、さらに自衛隊の国防軍化――。戦後70年が過ぎ「普通の国」に近づきつつある日本は、2050年に「戦争ができる国」になっているのか。

今まで、憲法改正が「机上の空論」だった事が問題。アメリカが日本の憲法改正についてクレームが無いのに、この期に及んでまだ改正に動かない方がおかしい。安全保障が無いければ国家として成り立たない理屈を理解できないバカが多い。反日プロパガンダの影響受けすぎ、情けない。竹中ステロイドの副作用の深刻さが自衛隊にまで及んでいる!非正規4割…以前から徐々に進んでいた少子化が非正規雇用の増大によって急激に進行して取り返しのつかない事態にまで陥ってしまった。
安倍政権は嫌いです、でも必要なら憲法改正はするべきだ。個人的には9条は要らないし、核も必要だと思います。9条もだけど、敵国条項もどうにかするべきじゃないか
人口こそ国力の最大のファクターである少子高齢化は何も日本だけの問題ではないが若年者の現象は間違いなく力のない国の象徴である憲法9条に関わらず予算も人も足りない日本が敵国と戦うことは大変なことであるその時の人達の判断が賢明であることを祈りたい